LED通信Ethernet機器

LED通信Ethernet機器は
各種製造現場にて有効活用されております。

LED通信Ethernet機器は
2つの問題を解決します

セキュリティの問題

無線通信にはデータが盗まれる可能性があるということです。通常、無線LAN機器にはセキュリティ機能があり、 データを保護していますが完璧ではありません。

電波干渉・電磁ノイズの問題

無線が使用する2.4GHz帯にはBluetoothから電子レンジまで同じ周波数帯を使用、 互いの電波が干渉する可能性があります。インダストリー4.0等産業機械のIOT化には、電波による通信機器の導入が容易ですが、各生産機器が密接する環境では、この電波の干渉がトラブルの原因になる場合もあります。 また、携帯電話や無線LAN等の無線機の電波で産業機器・家電などが誤作動を起こすことがあります。

無線機器の使用を禁止している企業さまへ

赤外線・可視光を媒体とした空間光通信が解決します
電波を使わないので

電磁ノイズ・フリーである (EMCフリー)

電波法、帯域の制約を受けません

光なので

漏えいを完全に遮断できる。強固なセキュリティ

水中でも通信できます

Communication method通信手段

1対1通信 双方通信システム

 

簡便な据え付けだけで一時的に、かつ迅速に、通信経路を確保するアプリケーション

ケーブルの埋設工事が不要となり設置の簡便化と費用低減を実現

1対1、1対N通信 光ワイヤレスLAN

1対1、1対Nの無線通信して使用可能 照明無線LAN

子機として使用可能

 

クライアントにUSBの子機を搭載するのではなく、イーサネットインターフェースを利用する照明LAN構成

 

  • 無線を使いたい。
  • ただ電波の無線(Wi Fi) は干渉、漏洩の問題もあるため利用したくない。
  • セキュリティの観点で使用できるエリアを特定できる環境にしたい。
  • 働き方改革の観点で「照明消灯⇒ネットワーク利用不可」の環境整備。

製品一覧

照明無線LANシステム
LED通信Ethernet機器
高精度位置情報システム
構築対応Commulight
可視光IDクロスランゲージ
ガイダンスシステム Lpis

PAGE TOP