Visible Light Communication

可視光通信が創る未来の通信環境光ワイヤレス通信技術で新たな通信環境を実現します。

株式会社アウトスタンディングテクノロジーは光ワイヤレス通信技術で新たな通信環境を実現します。

光ワイヤレス通信(可視光通信・赤外線通信)はLEDの光に信号を重畳し通信する空間通信技術です。

従来の無線技術と異なり、電波を使用しないため電波の干渉を受けず、周辺機器への影響も与えないため、これまで無線通信の利用が難しかった場所(医療・プラント・電力施設等)でもワイヤレス通信を実現します。

また、光はレンズやミラー、照明のカサなどによって容易に、かつ高精度に配光を設計することができます。このため、通信エリアを精密に限定することができ、電波に比較してセキュリティを確保しやすく、通信媒体が目に見えることも特徴です。

株式会社アウトスタンディングテクノロジーではLED照明と通信の融合による新たな通信環境を提案します。

5 Scenes where Optical communication is active光(赤外線・可視光)通信が活躍する5シーン

01『電波が使えない』場所。

従来の無線技術と異なり、電波を使用しないため電波の干渉を受けず、周辺機器への影響も与えないため、これまで無線通信の利用が難しかった場所、例えば発電所など、電気関連の施設や、精密機械を扱う工場、病院などです。

02『セキュリティ対策』が
 必要な場所。

機密性の高い情報へのアクセスに関しては、「目に見える光」で通信していることがわかるシステムを、どの企業も導入するべきだと思います。

データセンターや顧客管理システムを請け負っている企業、製造業の開発部門などは特に必要です。

03『電波を使っているが困って
 いることがある』場所。

電波が混雑するスポットでの取り合い、帯域の枯渇といった問題に対応できるのは、照明無線LANだと考えています。社内LANだけでは用が足りないところで、電波を補完する役割を担えます。

04『狭小空間』。

トンネルや、工事現場の狭くて細長い空間、データセンターなどマシンがびっしりと並んでいるような空間は、電波は届きませんが、光はまっすぐ奥まで照らすことができます。電磁波を嫌う場所でも使えるので利便性は高いでしょう。

05『水中通信』。

電波が混雑するスポットでの取り合い、帯域の枯渇といった問題に対応できるのは、照明無線LANだと考えています。社内LANだけでは用が足りないところで、電波を補完する役割を担えます。

The system example that I introduced optical communication光通信を導入したシステム 例

販売代理店

株式会社アウトスタンディングテクノロジーの販売代理店一覧です。

アクセス

株式会社アウトスタンディングテクノロジーへのアクセスです。

お問い合わせ

株式会社アウトスタンディングテクノロジーへのお問い合わせはコチラへ。

PAGE TOP